2017年04月01日

[2002ニュージーランド滞在記]#20 最終回

画像はないが、オレの記憶に鮮明に残っているものに、
NZの星空がある。

南部への釣り行やスノボの際にはもちろん、ふだん住ん
でいる街や、NZ第2の都市Christchurch市内でも、天の
川が見えた。

天の川だけでなく、南天の星空は、それまで日本で見た
星空とは異質なものだった。日本では、夏の南空に横た
わるサソリが、天頂を舞っているのだ。まるで、「千と
千尋の神隠し」で、ハクが乗る白い龍のごとくに。

南十字星やマゼラン雲にも感動したけれど、この白い龍
の舞う姿には、オレは、じつに遠いところに来たんだな
ぁ、との感慨が深かった。

その遠いところとも、別れの時がやってきた。この回
最後の画像を、もう一度、載せる。

02110702.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 21:43| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#19 食べ物編2

「酒編は、ないの?」との素朴な質問をいただいた。そ
うなのだ。ビールを代表として、ワインやウィスキーな
どなど、浴びるように酒を飲んだにも関わらず、酒に関
する画像は、ほんの数枚ほどしかない、それも脇で。と
ても、1編になど、なりえない m(_ _)m

酒編は、次回にNZに行く際の宿題、としておく。

NZについての第19回は、食べ物編の続き。31枚の画像を
羅列式で。

南島の、さらに南部のDoubtful Soundの2泊3日のクルー
ジングに参加した。

20020405_044.jpg

その時の案内。ディナーのメインは、Roast Beef と。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 19:27| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#18 食べ物編1

NZについての第18回は、食べ物編のその1。食べ物を撮
った画像を中心に、2回に分けてご案内する。

今回は、28ファイルを羅列式で。既出の画像もあるが、
できるだけアップに加工したので、ご容赦を m(_ _)m

また、画像には、ふだんの食事のものが少ない。これは、
いちおう、食事時のカメラを遠慮したため。外食時には、
そのタガが外れていた。また、案外、パーティ時のモノ
も少ない。左手に皿、右手に飲み物グラスと、両手がふ
さがっていたため。

では、はじめよう。
まずは、オレのウエルカム・パーティの料理から。

20020215_054.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 15:42| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

[2002ニュージーランド滞在記]#17 スノボ三昧編

NZ行きのもう1つの目的、いや、最大の目的はスノボ!

スノボをはじめたのは、1999年2月のこと。NZ行きの3年
前、北海道サホロスキー場のスノボ講習で、だった。

9902070226.jpg

思えば、この時の講師がNZ人。「タッテ」「スベッテ」
「ボクノトコロマデ、キテ」の、わずか3つの日本語し
か話さない彼とのマンツーマンの特訓で、スノボにハ
マったのだった。

000213071.jpg
 当時のスキー&スノボ仲間、YOKO & KANA-CHAN

以降3シーズン、スキー場へはスノボをしに通った。

で、NZでのスノボである。クルマ購入が決定してから
NZ南島の4スキー場で使い放題の、シーズンパスの購入
手続きをした。ネット購入して、スキー場で受け取ると
いう方式。500NZドル(約3万円)程度したが、1回券でも
75NZドル(約4500円)はしたので、7~8回行けば元が取れ
る。そう思った。

あらら、このシーズンパスの価格を、正確には記録して
いない体たらく。

ま、その気持ちもわかる。なにせ、スキー場まで、クル
マで1時間しかかからないのだ。足もある、何度でも行
ける。もう、浮かれまくっていた。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 21:09| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#16 学校編3:おたおたよろよろ

このブログを読んでいる友人から、「生徒、増えてない
?」とのご指摘が。第16回のNZについては、学校編のさ
らなる続きで、うだうだモード中心 m(_ _)m

そう。当初、選抜6人から開始したオレの小クラスだっ
たが、ある週だけは、10~20人に増えていた。これは、
Focus weekという特別企画で、先生ごとにユニークな授
業を行う。例えば、この記事の後半にあったゴルフとか。

もちろん、オレは、日本語と日本文化の授業ということ
で、初めて、多数の生徒を前に授業を行うことに。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 09:44| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

[2002ニュージーランド滞在記]#15 学校編2:先人は偉大なり

NZについての第15回は、中学での仕事の続き。今日は、
最初に少しうだうだモードを入れる、読むのが面倒な方
は、画像の羅列に飛んでほしい m(_ _)m

校長のW氏と事前に打ち合わせをしたら、オレに教師経
験がないということで、当初は、6人ずつの選抜小クラ
スでのスタートとなった。

すぐにわかることだが、この選抜6人は、各教室での、
成績も性格も良い、要は良いコたちばかり。

何の酔狂か、海の向こうからやってきて、異国な言葉を
教えようという輩に、最初から失礼があってはならぬ、
との、W氏および各先生方の、オレへの配慮だった。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 10:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

[2002ニュージーランド滞在記]#14 学校編1:怒涛の1ヶ月

第14回のNZについては、学校編のその1、最初の怒涛の1
ヶ月間を。

前回の、画像の羅列方式の評判がいいので、これに習っ
て、学校編もこの方式で。その1は、最初の1ヶ月での、
主な出来事を。

020221_069.jpg

学校の全景。最初の数日は授業はなし。企画を練ってく
れと、W校長からの指示だった。

で、いきなりクルマに乗せられ向かった先が、

020225010.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 10:41| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

[2002ニュージーランド滞在記]#13 大農場でのひととき

第13回のNZについては、大農場でのひとときを。幕間の
休憩のような感じでの、画像を中心に。

W氏夫妻が旅行に行くことになり、その間、教頭のL夫人
が、オレを預かってくれることに。L夫人のお宅は、と
んでもない規模の農場だった。

020223011.jpg

かつての鋤だろうか、しゃれた郵便受けが、お出迎え。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 10:39| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

[2002ニュージーランド滞在記]#12 NZの人 その6

第12回のNZについては、S氏ファミリーについての続き。

S氏宅の女子高生のA嬢には、2人の兄がいて、長男は、
近くの町でDJを、もう1人は学生で、少し遠くの町に住
んでいる。

ある日、DJの長男K氏の店に踊りに行くことに。A嬢を留
守番にして、S氏夫妻にオレ、そしてE嬢も一緒に、町に
繰り出した。まず、タイ料理店で飯を喰って、

20020907_010.jpg

そうして、ひたすら踊り弾ける。

20020907_019.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 17:44| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#11 NZの人 その5

NZについての第11回は、食べ物編をと思っていたのだが、
食事の画像だけで60を超え、どうまとめようかと考え中、
なので、今回は、3軒めのステイ先の話にする。

3軒めのステイ先に引っ越したのは、まだ春には早い8月
半ば、NZは、日本とは季節が逆なので、8月はまだ冬だ。

S氏宅。

20020819_004.jpg

街から数km離れた一角に、S氏とS夫人、それに、13歳の
女子高生A嬢との3人暮らしだった。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 09:50| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

[2002ニュージーランド滞在記]#10 NZの道路

NZについての第10回は、道路編。

NZの道路には、日本でいう高速道路や、アメリカでいう
Free Wayのような、高速で走ることができる道路はない。
が、幹線道路はもちろん、一般道路も、街中を除いては
ガラ空きなので、

20020404_010.jpg

皆、80kmくらいで走行する。オレがかつてよく旅行した、
1980年代の北海道と同じ感じ。ま、中には、C氏のよう
に、直線だと140kmで突っ走る輩もいるけれど...(>_<)
ほとんどの方は真面目運転だ。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 21:30| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#09 NZのクルマ

NZについての第9回は、NZのクルマ編。難関を越えたの
で、今回は気楽だぁっ(^^)

NZに着いて、街に走るクルマを見て、まず驚いた。やた
らと、日本車ばっか走っている。95%くらいが日本車だ。

(注)この数値は、少しホラだったことが、当時、友人に
  宛てたメール文を掘り出したことで発覚。それには、
  オレ自身が、こう記していた。

  「ある日曜日の朝の散歩中に数えてみたら、全部で
   61台出会ったクルマの中に、日本車がなんと47台!
   も走ってました。

      77%が日本車

   です。2~3回数えてみましたが、おおむねこのパ
   ーセンテージだったので、NZ全体でも、そんなに
   大きくは違わないでしょう」

  と。なので、上記は8割ほどと訂正すべきだが、こ
  の(注)を代わりとすることで...... m(_ _)m

後は、韓国車とヨーロッパ車が数%ずつで、アメ車はほ
とんど見ない。で、古いクルマが、やたらと多い。なん
と、ほぼ初代のシビックや、

20020623_003.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 11:38| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#08 NZの日本人 その3

NZについての第8回は、日本人についての続き。

NZに住みはじめて2ヶ月ちょっとが過ぎた頃、最初のホ
ストマザーW夫人から、相談を受けた。いわく「同僚の
家にステイしはじめた日本人が、PCのことで困っている
ので、助けてやって」と。さっそく、その方の家に行く
と、大学を卒業したばかりという女の子がいた。E嬢だ。
ワーキングホリデーでの、1年間の滞在予定だ、と。

20020511_001.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 09:37| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#07 NZの人 その4

NZについての第7回は、2軒めのステイ先のことを。

寒い寒い季節に、街から30km離れた村へと引っ越した。

ホストマザーは、T女史。シングルアゲインで、15歳の
女子高生K嬢との2人暮らしだ。いや、大きなモノを忘
れていた。彼らは、乗馬用の馬2頭と、一緒に暮らして
いたのだ。

20020504_001.jpg

家に着くなり、「危険だから、馬房には絶対に近づかな
いで」と、注意を受ける。馬は、とても神経質な生き物
で、知らないモノが近づくと、興奮して危険なのだ、と。
なので、馬や馬房の画像はない。オレも、かつて2ヶ月
ほど、北海道の牧場で暮らしたことがあるので、馬の難
しさは、ある程度はわかる。その通りにした。

20020504_002.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 05:42| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

[2002ニュージーランド滞在記]#06 NZの日本人 その2

連載再開。

NZについての第6回は、NZで会った日本人編の続きを。

なお、当連載は、概ね15回程度で終了予定。また、今後
は、数日に1編程度の割で更新していきたい。

---

ある日、街で、日本人男性に声をかけられた。声の主は、
N氏。N氏は、街の外れで、奥さまと息子さんと3人で暮
らす、イラストレーターだ。

もっとも、イラストだけではなく、日本市場を相手にし
た、地元産品のネット販売の社長さんでもある。自分で
会社を興しているのは、NZの永住権を得るのが目的だ、
と。数年前にNZを旅行して、すっかりNZに魅せられたN
氏、なんとかして、この国に住み続けたい、と。

20020908_008.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 19:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

[2002ニュージーランド滞在記]#05 NZの日本人 その1

NZについての第5回は、NZで会った日本人の方について。

なんと、オレは、NZに着いた当日に、日本人の方に会っ
た。C夫人だ。最初のホストファーザーW氏宅に、7~8年
前にステイしていた先輩だった。彼女は、ステイしてい
た頃に知り合った地元の青年C氏と、熱烈恋愛の末に結
ばれ、当時に至っていた。

NZに着いた日の夜の、オレのウェルカム・パーティに、

20020215_054.jpg

W氏が招いていたのだった。「わからないことは、なん
でも、C夫人に聞けばいい」と。C夫人は、はたして、オ
レと顔を合わせた瞬間に、こう言った。「英語で通す?
あなたが英語の学習がメインなら、そうすること、可能
だよ」と。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 08:26| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

[2002ニュージーランド滞在記]#04 NZの人 その3

NZについての第4回は、人編の、さらなる続き。

最初のホストマザーのことを。彼女は、ホストファーザ
ーW氏の奥さんで、小学校の教師でもあった。物凄い働
き者で、朝起きてから、夜寝るまで、何かしら仕事をし
ていた。

20020330_041.jpg

朝は5時には起き、朝食の支度から。W氏の朝食は、決ま
って、トーストにバター&ベジマイト、それに半熟だか
の目玉焼きを用意して、ご自分用には、ポリッジと呼ぶ、
オートミールのおかゆを。オレは、そのどちらかを希望
して食べるのだが、ポリッジが好きだった。これ、二日
酔いに最適っ。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 21:41| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#03 NZの人 その2

NZについての第3回は、人編の続きを。

前章にも出てくる最初のホストファーザーW氏は、ラグ
ビー観戦オタでもあった。といっても、ラグビー王国で、
男という男が全てラグビー観戦オタなNZでは、ごく一般
的。とにかく、彼は、釣りに行けない雨の休みの日(逆
に言えば、雨でなければ必ず釣りに行く)

20020309_016.jpg

は、朝から晩までラグビーの録画or生中継を見ている。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 17:33| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#02 NZの人 その1

NZについての第2回は、人について。

本州と九州を合わせた面積に、僅か400万人しか住んで
いないと、既に記した。また、人種構成が、白人とその
混血75%、マオリ族15%、アジア系10%とも。

国の支配層は、白人。政治家や大会社社長、牧場や農場
の主人、学校長、医師、弁護士といったあたりは、オレ
は、白人以外は見たことがない。マオリ族の方々は、多
くが労働者だが、スポーツ選手、特にラグビーでは、多
くが活躍している。

20020525_047.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 06:25| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#01 NZの自然と地理

第1回は、NZの自然や地理について。

NZは、南半球の島国で、大きさは、日本の本州と九州を
合わせたくらい。また、緯度も、ほぼ日本と同じくらい
の範囲に、南北に広がっている。南半球にあるので、日
本とは逆に、北ほど暖かく、南ほど寒いが、四季もあり、
ほぼ日本と同じ気候。オレが住んだ、南島のクライスト
チャーチ近辺は、季節を逆にしての千葉の気候とほぼ同
じ。冬には、時に、雪も降る。

20020618_004.jpg

すこし違うのは、やたらと虹や夕焼けの長い日射しを見
ること。高い建物が少ないせいではないか、と。以下は、
通勤帰りのクルマのルームミラーに写る夕日、ほぼ地平
線から追ってくる。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 05:08| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする