2018年04月30日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2018年05月)

ここのセンスのよさに動かされ、つがいの鶴を飛ばして
きた。金額は些少だが、継続こそ命。

20180430_001.jpg

今朝、錦糸町までのルートをググったら、北千住で東武
線に乗り換え1本で行けるルートを発見。いつの間にか、
東武線と半蔵門線がつながっていたのだ。

って、つながったのは2003年だから、もう15年も前のこ
と。今まで知らないオレがバカ! いや~、これでも半
蔵門の会社に勤めていたこともあ~る。その頃は、半蔵
門線は三越前駅止まりだったっけ。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 18:03| 千葉 ☁| Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2018年04月)

ここのセンスのよさに動かされ、つがいの鶴を飛ばして
きた。金額は些少だが、継続こそ命。

20180331_001.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月は、2014年4月の歌を。

20180331_002.jpg

湯の宿の窓より見ゆるいっぽんの桜大樹に励まされゐる

2014年に入ると、小菅さんの体調の悪さが歌にもわかる
ように。そして、この年の後半、お亡くなりになった。
合掌...。2年間続けたこのコーナーも、ひとまず閉じる
こととする。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 07:38| 千葉 | Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2018年03月)

ここのセンスのよさに動かされ、つがいの鶴を飛ばして
きた。金額は些少だが、継続こそ命。

20180228_001.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月は、2006年2月、俵万智さん選3位の歌を。

20180228_002.jpg

ボールペンのインクも出ること拒みいるような寒き日続いておりぬ

今年は寒かった。先週の九州旅行では、スタッドレスタ
イヤを、急遽、取り付けた。前週に降った雪が、峠辺り
の路肩に残りまくっていたので、もしノーマルタイヤの
ままだったら、さぞかし怖かっただろなぁ、と。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 12:35| 千葉 🌁| Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2018年02月)

ここのセンスのよさに動かされ、つがいの鶴を飛ばして
きた。金額は些少だが、継続こそ命。

20180207_001.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月は、2005年2月、俵万智さん選1位の歌を。

20180207_002.jpg

朝風呂につかりおさなの羽根突きの音聞いている時間のくぼみ

威勢よく羽根を突いたあとの、のんびりとした時間。い
や、先月の歌とは時限が異なるので、けして続きではな
いのだけど、続きに思えてしまう。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 07:51| 千葉 ☀| Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2018年01月)

ここのセンスのよさに動かされ、つがいの鶴を飛ばして
きた。金額は些少だが、継続こそ命。

20180102_002.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月も、今の季節にちなんだ歌を、「今生 : 小菅暢子
短歌集」第3章「時の往く音」
から。

20180102_001.jpg

嫁ぐ気はさらさらなくて思ひきり羽根打ち返す正月の空

小菅さん短歌には、不思議と正月や新春を扱うものが少
ない。今回検索したところ、上記1首しか見つからなか
った。心なしか、2月の入選歌も少ないような。投稿し
て掲載されるまで約1ケ月かかることから考えると、正
月頃の厳しい寒さが苦手だったのかも。あ、でも、この
歌は元気いっぱいだぁ (^^)

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 15:38| 千葉 ☀| Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年12月)

ここのセンスのよさに動かされ、つがいの鶴を飛ばして
きた。金額は些少だが、継続こそ命。

今回はすこし早めに。昨夜(11/27)夜から今日未明にか
けて、小菅さん関連の記事への、プチ・アクセス集中が
あったため。こゆことは、時々、ある。小菅さん短歌の、
人気の証しの1つだろね。

20171129_002.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月も、今の季節にちなんだ歌を、「今生 : 小菅暢子
短歌集」第4章「はつ冬の朝」
から。

20171129_001.jpg

一粒もたがふことなく万両の色づいてきしはつ冬の朝

半月ほど、NZ旅行をして帰ってきたら、季節が、いっ
きに冬に進んでいた。オークランド空港では半袖だった
ので、羽田に着いた時は、マジ、震えた。税関前でトラ
ンクをおっぴろげて、慌てて上着を取り出して着る。う
~、さむかった。まだ、万両が色づくには早いかもだが。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 21:02| 千葉 ☁| Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年11月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20171031_002.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月は、今の季節にちなんだ歌を。2006年11月、俵万智
さん選2位。

20171031_001.jpg

明日でもさしつかえなき文ひとつ投函にゆく望月の夜

ここ数日、退職挨拶を出す。とてもお世話になったお客
さまに対して。1人1人の顔を思い浮かべ、もう、その方
々をお乗せできない寂しさを感じながら。はがきが出来
上がると、すぐに投函したくなるのは不思議。

ところで、今朝の最低気温は、最寄りのアメダス我孫子
で5.6度! NZの友人いわく「もう、夏っすよ~」。そう、
NZの季節は、日本と真反対。春かと思ったら、もう夏な
のかぁ。軽装で行かなきゃ。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 07:12| 千葉 | Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年10月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20170930_002.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月は、今のオレの気持ちににちなんだ歌を。「今生 :
小菅暢子短歌集」第4章「はつ冬の朝」
の中から。

20170930_001.jpg

降りさうでまだ降りださぬ秋空のやうなこころで診断を待つ

秋の空というのは、変わりやすい例えである。診断結果
を待つ間は不安そのもの、様々な思いが移り変わる。「
疑い」の段階ではなおさらで、まな板の鯉になって、さ
ぁ、どこでも切り取ってくれぃ的に居直るのか、切って
いる間にそのままおさらばしてしまうのか、あるいは、
爆弾を抱えて不安ながら様子見をしていくのか...。あら、
暗ばっかじゃん!

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 06:31| 千葉 ☁| Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年09月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20170831_002.JPG

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月も、今の季節にちなんだ歌を。2006年8月、俵万智
氏選3位。

20170831_001.jpg

窓という窓開け放ち空瓶のごとく身ひとつ転がる夏日

10数年前まで、こゆの、夏の楽しみだったな。でも、こ
こ数年の猛暑日にこれをやると、暑すぎてウダるんじゃ
ないかというくらいにっ! やたら天気がハデな昨今、
今後、どうなってしまうのやら...。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 04:00| 千葉 ☁| Comment(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年08月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20170731_002.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月も、今の季節にちなんだ歌を。2011年8月、俵万智
氏選1位。

20170731_001.jpg

放たれし子犬のごとく散水のホースあばれて手を逃げ回る

いつもは母がやっている庭への散水を、母の旅行中など
に、たま~にオレがやると、よくこゆことになるのら~
(ーー;)

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 21:29| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年07月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20170630_001.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月も、今の季節にちなんだ歌を。2008年7月、小池光
氏選2位。

20170630_002.jpg

人間の脳味噌ほどの紫陽花に数学などを教えてみたい

言われてみれば、アジサイの花って脳みそみたい。っ
て、ふつ~のヒトは、そんな連想はしな~いっ! (^^)

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 06:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年06月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20170531_001.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月も、今の季節にちなんだ歌を。2011年7月、小池光
氏選3位。

20170531_002.jpg

カラカラと飛び立ちそうな音立てて二十一年目の扇風機

先日のニュースで、古い扇風機が危ない、と。う~む、
母愛用の扇風機は、20年どころか40年物だ。いくらなん
でも買い替えなくちゃだが、この扇風機の、「さわ風」
という超微風モードを再現できる、安いヤツ、なかなか
無いんだよなぁ...。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 07:35| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年05月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20170430_002.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月も、今の季節にちなんだ歌を。「今生 : 小菅暢子
短歌集」第4章「はつ冬の朝」
の中から。

20170430_003.jpg

花過ぎの雨の日曜こんな日はEメールより手紙が似合ふ

小菅さんは、とことん手紙のお好きな方だったようで、
時には、「定形料金では納まら」ない「便箋二十枚ほど
の文」を送ったことも。

そうそう、今、NHK総合で放映中の「ツバキ文具店」
祖母がやっていた手紙の代書を、多部未華子さん扮する
孫がやりはじめた。借金依頼を断る文面、おみごと!

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 19:19| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年04月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

が、今月はいろいろと忙しくて、今日まですっかり忘れ
ていた。反省...ヾ(_ _。)ハンセイ…

20170409_001.jpg

2016年4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。
今月も、今の季節にちなんだ歌を。2011年5月の、俵万
智選1位の歌。

20170409_002.jpg

家系図にみゆる支柱にかこまれてしだれ桜の大樹はありぬ

いや、確かに。これからは、あの支柱は、家系図にしか
見えないだろうなぁ...。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 10:08| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年03月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20170228_002.jpg

4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。今月
も、今の季節にちなんだ歌を。2006年1月の、俵万智選2
位の歌。

20170228_001.jpg

風邪の咳はいつも二拍子「こほこほ」と小休止して続く「こほこほ」

母の風邪が長引いている。熱は引いたが、咳が、ちょう
どこの歌のように、二拍子で続いている。ずうっと病院
行きを躊躇していたが、今日、ついに病院に行くことに。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 10:04| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年02月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20170131_002.jpg

4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。今月
も、今の季節にちなんだ歌を。2011年12月の、俵万智選
1位の歌。

20170131_001.jpg

公園のもっとも冬陽濃き位置に乳母車あり光源のごと

がん患者などの大病を患った方の闘病記を読むと、辛い
告知を受けた直後に、「世界が光り輝いて見える」とい
った表現が多い。

2011年末に辛い告知を受けた小菅さんも、心は揺れなが
らも、生への意欲は旺盛で、上記のような短歌もたくさ
ん作った。12月に4作、2012年1月に4作、2月に3作の、
驚異のペースで読売歌壇に載り、計11作中7作が選評歌、
の凄まじさ。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 04:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2017年01月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20161231_001.jpg

4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。今月
も、今の季節にちなんだ歌を。2006年12月の作品。

20161231_002.jpg

新聞の短歌のなかも少しづつ登場人物老いてゆくなり

前に勤めていた会社の上司から、ふいに会いたいとメー
ルが届き、来月、何人かと新年会を催すことに。オレも
含め、皆、どのように老いたのか。約20年振りの再会だ。

さて、本年も、このブログにお越しいただき、誠にあり
がとうございました。新年が、皆様にとって、素晴らし
い年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

たま~に、このブログに足をお運びいただければ、幸甚
にございます m(_ _)m

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 10:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2016年12月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20161130_002.JPG

4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。今月
も、今の季節にちなんだ歌を。2010年12月の作品。

20161130_001.jpg

松手入れしていくばくも経たぬらしほのかに風の匂ひくるなり

西の隣家が先週に、東の隣家が今週にと、相
次いで植木屋さんが入って庭木の剪定をやっ
たせいか、木の匂いの風が吹いている。我が
家も、同じ風を吹かせなくっちゃなぁ...。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 09:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2016年11月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

20161030_002.jpg

4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。今月
も、今の季節にちなんだ歌を。2012年10月の俵万智選3
位の歌。

20161030_001.jpg

杖忘れ母が出かけてゆくほどに今日さわやかな秋日和なり

ほんと、ここ数日は、晴れると浮き浮きと外に出てしま
う爽やかさ。もっとも、雨だと、気がふさぐ寒さ。冬に
向かうごと、だんだん、だんだんと。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 19:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

つがいの鶴を飛ばしてきた(2016年10月)

ここのセンスのよさに動かされ、
つがいの鶴を飛ばしてきた。

金額は些少だが、継続こそ命。

2060930_002.jpg

4月からはじめた、小菅暢子さんの短歌コーナー。今月
も、今の季節にちなんだ歌を「今生 小菅暢子短歌集」
の時の往く音
より。

20160930_001.jpg

朝夕に化粧水ほどひんやりとした風の来る秋の訪れ

今日、9月30日、そごう柏店が閉店する。開業以来43年。
オレがはじめて柏駅に立ったのが42年前だから、ちょう
どその前年に開業したばかりだった。それまで、5階建
て以上のビルのない街に住んでいたオレ、白亜の化物に
圧倒されたなぁ。もっとも圧倒され過ぎたのか、42年の
間に本館に足を運んだのは、わずか数度。う~む、今日
という日が来た遠因かもしれない(>_<)

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 07:54| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | つがいの鶴を飛ばしてきた | 更新情報をチェックする