2018年11月16日

「ふたりみち」山本幸久

函館でスナックを生業にする67歳元歌手のゆかり。引退
後20年以上を経て、突如、全国ツアーの旅に出る。が、
行く先々でトラブルに見舞われ、肝心の歌を歌えない。
けど、ふと知り合った、名前が同じ読みの12歳家出娘縁
とともに、全国ツアーのふたり旅を続けていく...。

抱腹絶倒の今と泣ける過去とを行ったり来たりする独特
の緊張感に、読み進む手が止まる。が、3秒後には、ま
たページを繰ってしまうことの繰り返しで、たった半日
で、最終ページの最後の1行にまで行き着いてしまった。
この1行がまた、素晴らしいっ!

よつべで「無愛想ブルース」、検索しちゃったぃ。だ~
れも「歌ってみた」してないんだ、少し淋しい (^^)

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!



posted by 由良理人 at 15:30| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

お年玉代わりに贈る本、2019年版は?

一昨年今年の家族新年会で、孫世代に本を贈ったが、
2019年の同会にも、以下の本を贈ろうと思っている。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 10:54| 千葉 ☔| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

「カメラを止めるな!」監督:上田慎一郎

冒頭、ゾンビ映画の撮影中に、なんとゾンビが襲来っ!
という短編映画を上映。だが、この映画、1カットで30
分以上の長回しのせいか、いろいろと変。で、後半、そ
の「変」の種明かしをしていく...。

監督の娘真央役の真魚さん、出色の出来。監督の妻晴美
役しゅはまはるみさんと共に、まさに親子と見紛うばか
りのイキっぷり。特に後半、「ポンっ!」が出るたびに、
客席、大爆笑。

あと、プロデューサー役竹原芳子さんの存在感、半端な
し。まるっきり、ウルトラマンのダダ星人。なんやねん、
このおばはん!?

そうそう、いろいろな話題作だけに、開演前に50人くら
いの列ができる。昨今では珍しいものの、150人席の器
では、結局、5割の入りにしかならなかった。傑作なだ
けに、やや残念。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 19:53| 千葉 ☔| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

台風21号に「カーネーション」が蹴散らされた

このところの平日の楽しみは「カーネーション」の再放
送、を録画で見ること。

1日2話進行なのだが、平日の夕方16時台ってのは、大相
撲に蹴散らされ、高校野球に蹴散らされと、なかなか先
に進まない。のにもってきて、今日は、台風21号に蹴散
らされた、ああ (>_<)

来週からは、またも大相撲に蹴散らされるぅぅぅ。

目下は、主人公糸子の長女と次女との競い合いがテーマ。
その競い合いに、いまいち付いていけない糸子の焦燥も。
近々、この競い合いに三女まで加わる見込み。むっちゃ
くちゃおもろい展開やねんに。

あああ、大相撲を蹴散らしたいっ!

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 20:36| 千葉 ☁| Comment(1) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

ドラマ「夕凪の街 桜の国2018」NHK総合

原作映画に次ぐNHKのドラマ版。ここんとこ、こうの
史代さん原作の実演まつりっぽい。

ちなみに、TBS版「この世界の片隅に」は、3分で見るの
を止めた。なんっか、違うんだよなぁ...。

皆実役川栄李奈さん、熱演、素晴らしい。広島弁も、か
なりのモノだが、いかんせん、ネイティブではないのが
残念なところ。こう、もっともっと柔らかいんだが、ま
ぁネイティブじゃなきゃ難しいだろなぁ...。

主人公七海役常盤貴子さん、相変わらずお美しい。でも、
それなりに年をとったなぁ、と。お互い様 (^^)

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 21:16| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

「天晴れアヒルバス」山本幸久

これこれに次ぐアヒルバスシリーズ最新作。

が出ているのに、昨日まで気づかなかった。もう2年も
前に出ていたのに。老眼のせいか、最近、読書熱が下が
り気味なんだよなぁ。

が、読み始めるといっきっ! ああ、面白い。デコって、
ほんと魅力的ぃ (^o^) デコが、オレの読書熱もいっき
上げしてくれたっ。

デコだけでなく、回りの登場人物が皆が皆、魅力的な人
ばかりで、それでもって、そのほとんどがハッピーな展
開でもって終えていく。この構成力は素ン晴らしい。

きっと、次作があってほしいっ! 目次の最後の題名に
も「とりあえずのおわり」と書いてあるしね。次作は、
ママになったデコが復帰するシーンからかな?

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!



posted by 由良理人 at 11:42| 千葉 ☀| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

「さよなら、田中さん」がラジオドラマにっ!

あの「さよなら、田中さん」が、NHK青春アドベン
チャー
でラジオドラマに。

なんと、主役の花実役には、このドラマでオレがシビれ
鈴木梨央さん。

期待満々っ!

未聴の方は、とりあえず、聴き逃し対応に急げっ!

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 22:12| 千葉 ☀| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

「キリの理容室」上野歩

本作を読みながら、自分の理容室遍歴を振り返る。

その昔、少年期に通ったD理容室は、ご主人と奥さんと
の2人体制だったが、オレは、奥さんの自然なカットと
柔らかなシャンプーがお気に入りだった。

それに対して、ご主人のカットは、いつもぱっつぱつの
坊っちゃん刈りで、オレが「奥さんのようにして」と懇
願しても、「男の子はこうでなきゃ」と取り合ってくれ
ない。ごつごつとこづくような、乱暴なシャンプーもヤ
だったなぁ。子どもでもあったし、担当を選べるような
時代でもなかった。

ご夫婦にお子さんができ、奥さんがその世話で店にあま
り出なくなったのと、オレが中学生になって生活が変
わったのとを機に、その店には行かなくなった。

いま通っているKという散髪屋さんは、いわゆる格安理
容室ではあるが、総合調髪もしてくれる。ご主人がカッ
トして娘さんがシェービング&シャンプー&セットを担当
する。オレはいつも、お2人に完全にお任せだ。

オレは待ち客のいない時を見計らって店に飛び込み、髪
を切ってさっぱりした後、漫画雑誌数冊のうちから、目
当ての漫画数本を拾い読みする。もう、15年は通ってい
る店だ。

じつは、この店に行き着くまでに、数店をはしごした過
去がある。何が気に入らなかったのかはもう不明だが、
今の店にオレの居場所を見出したのだ。

目下の悩みは、同様に自分の居場所にした方がどんどん
増えてきて、待ち客のいない時を見計らうことが、特に
この数年、困難になっていることだ。喜ぶべきか悲しむ
べきか...。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!



posted by 由良理人 at 11:14| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

「万引き家族」原案脚本編集監督:是枝裕和

街の片隅の古びた平屋に暮らす5人の家族。祖母の年金
を主に、父と息子は絶妙の連携プレーの万引きで生活物
資を補填する。ある日、父子は、幼女を連れ帰る。幼女
の身体には無数の傷。翌日、幼女を返しにいくと、はた
して幼女の両親が喧嘩をしている。母は、幼女を家に置
くことに決め、家族が1人増えた。

亜紀役松岡茉優さんのある部分に目が釘付けっ。ああ、
オレも祥太と同じく、その星の住人だった (^^;;; その
祥太役城桧吏くん、りん役佐々木みゆちゃん、共に、
これもそうだったが、最近の子役ってヤツらは皆もう...。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 18:21| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

「ペンタゴン・ペーパーズ」監督:S.スピルバーグ

1971年、ニューヨーク・タイムズが、ベトナム戦争での
政府の失策を示す機密文書(ペンタゴン・ペーパーズ)を
スクープした。

出し抜かれた形のワシントン・タイムズは、トム・ハン
クス扮する編集主幹ベンを筆頭に巻き返しを計る。が、
ようやくその文書を入手したものの、先のニューヨー
ク・タイムズと共に司直の圧力を受けることとなる。

夫から社業を引き継いだものの、無能の女社長と蔑まれ
るワシントン・ポストの社主ケイ(メリル・ストリープ)、
司直や回りからの圧力に屈するのか、それとも?

スティーブン・スピルバーグ監督が、政治に対するメ
ディアの立ち位置について、直球で訴える。いわく、

「報道の自由を守るのは、報道しかない」
「政府の顔色を見ろというなら、ワシントン・ポストは
 消滅したも同じだ」

と。

いやはや...、どこかの国のどこかのメディア人に、彼
らの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいほどだ。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 19:45| 千葉 ☀| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

「天使のナイフ」薬丸岳

う~む...、なんっつ~のか...。

登場人物の多くがそゆ設定っつのは、いくらなんでも無
理があるのではなかろうか。

オレ、ミステリーはほとんど読まないから、そゆのがOK
かどうかもわからないが。でも、第一感、無理筋のよう
な気がするなぁ。

物語は、妻を中学生3人に殺された桧山が、少年法の壁
に苦しみつつも、事件の背景を探っていく。ところが、
妻自体の秘密に遭遇するに至って...。被害者と加害者
を巡る少年法とは、いったいなんなんだぁっ!?

個人的には、ラスト数10ページを巡るどんでん返しには、
まるで付いて行けない世界だった。

だもんで、これから続いた読後感は、かなりのいまいち。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!





posted by 由良理人 at 21:29| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

「13階段」高野和明

仮釈放中の三上に仕事を持ちかけてきたのは、刑務官の
南郷だった。10年前の殺人事件の再調査を手伝ってほし
いと言う。折しも、その事件の犯人とされる死刑囚樹原
に、刑の執行が差し迫っていた...。

5月26日のTBS「久米宏 ラジオなんですけど」で、ゲス
トの作家薬丸岳さんが、大いに刺激を受けた小説として
紹介したのが本作。

さっそく入手して読む。このところ読書が辛くなってい
て、それは老眼のためと言い訳していたが、そうではな
いことを確認。面白いモノなら、いくらでもいっき読み
できる。本作を読むのに要した時間、わずか6時間だも
ん。

さぁ、次は薬丸さんの本だ。これも、いっき読みできる
だろか。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!



posted by 由良理人 at 12:05| 千葉 🌁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

「港町」監督:想田和弘

想田和弘監督の観察映画第7弾。

2つ空席を置いた隣席のご老人が、映画のはじまる前か
らブツブツと呟いている。これが、映画がはじまった後
にも、「おっ、ここでネコ、来た」とか言っていて、煩
わしくってしょ~がない。

のだが、いつしか映画に引き込まれる。音楽も効果音も
ナレーションも字幕もない、地の音と映像のみの映画に。
ふと気づくと、ご老人は相変わらずブツブツを続けてい
る。いつしかオレの中で、ご老人はすっかりと映画の中
の人と化していた。

漁に出て魚を取る。魚を市場に持ち込みセリにかける。
それを買う魚屋さんの女主人。が、魚を捌き店に出す。
お客さんが買う。その1人について行くと、ネコの群れ
に遭遇する。脇を通り過ぎる女性。は、山の墓所へ。墓
の掃除はするが参りはしない女性......。

カメラは、淡々と対象物を写し込み、次々と対象物を変
える。そうして、ある衝撃的シーンに、唐突に出くわす
のだ。

見る者の想像力を存分に掻き立てる佳作。あ、1点、欲
しい答えがわからない。あれだけ取った魚、市場でいく
らになったんだっ!?
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 19:39| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

「タクシー運転手」監督:チャン・フン 主演:ソン・ガンホ

この連休中に見たい映画2本が、いずれも近場ではやっ
ていない。ので、うち1本を、錦糸町まで行って見た。

韓国映画「タクシー運転手」。副題は、「約束は海を越
えて」
。上映時間2時間17分、ぜ~んぜん長く感じない。

貧乏なソウルのタクシー運転手マンソプが、同僚運転手
から奪ってまで獲得した仕事は、ドイツ人を乗せて光州
に行くことだった。鼻歌交じりにマンソプは光州に向か
うものの、光州で彼らを待っていたのは...。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 17:37| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

「ピアノの森」作:一色まこと/NHK総合

アニメ版「ピアノの森」がはじまった。

これ、コミックモーニング誌連載をずうっと読んでいた
のだけど、他誌からの引き継ぎだったので、主人公カイ
他の少年期や、そもそも、なぜピアノが森にあるのかと
か、さっぱり不明だった。

のを、いま、アニメ版で辿れる、っつ~のは素晴らしい。
今日、第2回を見る。カイが「子犬のワルツ」を弾くた
めに、指の練習を続ける。

う~、かつての同居人が毎日毎日毎日、1日数時間続け
ていたヤツのうちの1つだ。延々と延々と続けたのちに、
やっと曲を弾く。ずうっと横にいて音の爆弾を受け続け
たこっちは、なんだかほっとする瞬間だったっけな。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 07:40| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

「半分、青い。」NHK総合

TV番組を見る時間が、極端に足りない。某所に行きはじ
めてから
、TV番組を見る時間が極端に減ったためだ。

けど、「半分、青い。」は、1週間、持った。といって
も、今日、1週間分、まとめ見したからだけど。でもま、
前作のたった3日からはエラい進歩だっ!

金曜分だっけか、律が鈴愛の左耳の世界を聴こうと右耳
を寄せるシーン、ちとドッキドキ。それと、今日のゾー
トロープで左耳の小人が踊るのを、母役松雪泰子さんが
ジーンと見るお姿に、見ているこっちもジーン 。゚(゚´Д`゚)゚。

「すごいね。鈴愛の左側、楽しいね。律くん、ありがと
 ね」

それにしても、子役の方の演技の素晴らしさは、昨今で
は、もう当たり前の世界になりつつある
のにも驚きだ。

あ~それに、律の母役原田知世さん! ここ数ヶ月、JR
の広告でご尊顔を拝見したけれど、やはり、動くお姿は
最高っ!

あと、マグマ大使の笛とか律が作るピラゴラ装置とか、
オレがハマる要素が満載っ! (^^;;;...

そんなこんなで、来週末もいっき見確定だな。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 21:26| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

「歌集 滑走路」萩原慎一郎

昨(2017)年6月、32歳で亡くなった故萩原慎一郎氏の歌
集。295首。

俵万智さんが帯を書いた旨のツイで知り、今般、ようや
く入手し読んだ。

冒頭の、メモ帳と題する歌が目を引く。

いろいろと書いてあるのだ 看護師のあなたの腕はメモ帳なのだ

氏の死因はわからない。上が、死の間際の病院でのメモ
なのか。が、歌集には、同じような、病院の景色を描く
歌は見当たらない。この一首が、唐突に、冒頭にあるの
みだ。

ネット検索すると、この歌は、2016年に募集された角川
全国短歌大賞の準賞作と判明。死の前年の作である。少
なくとも、彼の死の間際の歌ではない。

氏は、東京生まれ。父親の仕事の関係で、京都や香港で
暮らした後に、東京都小平市に住む。中高時代にいじめ
を受ける。その頃、近くの書店にサイン会にきた俵万智
氏に触発され、歌作をはじめる。「つらい体験を乗り越
えるべく始めたのが短歌」だった、と。

これというものみつからず苦しみし十七歳は歌と出逢いき
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 08:41| 千葉 ☀| Comment(3) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

「スリー・ビルボード」監督:マーティン・マクドナー

娘をレイプ後に焼き殺された母親が、街外れに、3つの
掲示(ビルボード)を掲げた。犯人捜査の進まない警察と
警察署長の責任を問うものだ。結果、街を2分する騒ぎ
が勃発する。

件の母親、警察署長、そして、暴力警官との、3者3様の
表と裏が、人は見た目が9割、先入観は持つべからず、
などなどの、様々な箴言により、見る者を巻き込み渦巻
かせて混乱させ、いよいよ物語が最高潮に高揚した瞬間
に、どすんと終結する。

え、それで終わり? いや、それも一局、あはは (^^)

冒頭に流れる「The Last Rose of Summer(邦題:庭の千
草)」
や、暴力警官のヘッドフォンで流れる「Chiquitita
のメロディが美しすぎ、牧歌的過ぎて、その後の展開
とのギャップ、ありすぎっ!

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 16:46| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

「越路吹雪物語」テレビ朝日

沖縄旅行の間に録りためた各種番組は、都合60時間にも
及び、いま、それらを、1個1個こなしているのだが、
れ以降ずぅっと見ているテレ朝の昼帯ドラマ
に、いよい
よ取りかかった。

かつて、越路さんが亡くなった翌日あたりに寄った古本
屋で流れていたラジオで、越路さんを偲ぶと、かかった
曲が、サン・トワ・マミー。

 ♪ この私がゆきつくとこは あなたの胸 ♪
 ♪ ほかにないのよ サン・トワ・マミー 風の様に ♪
 ♪ 大空を さまよう恋 ♪

ふと見れば、レジにいた店主がぼろぼろぼろぼろと、滂
沱の涙を流している。人目をはばからず、ひたすらの涙。

彼の涙が越路さんの死に関わるかどうかは不明だが、ま
ずは、関わるものと断定していいだろう。それだけタイ
ムリーなぼろぼろな涙だった。

おっと、物語本線は、瀧本美織さん扮する越路さんが、
宝塚受験をした辺り。まだまだ、追いつけな~い。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 21:49| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

「大人のピタゴラスイッチ 想像力と四角い穴」Eテレ

正月恒例の大人のピタゴラスイッチ。今年は、副題を「
想像力と四角い穴」とした。

日常生活で「きっとこうなっているだろう」と思うこと
が、現実には「こうも違っているのか!」と、あっと驚
くことの連続。いかにヒトが、先入観や第一感、自己チ
ューなパターン化に縛られやすいかを示している。

「ハトにフランスパンを与えないで」の看板が、まさか、
あの結末からのものとは!

「人間が想像する時、途中を飛ばして考えがち。だが、
 現実は連続的に起こるので、想像と現実がズレてしま
 う」

続きを読む
posted by 由良理人 at 20:51| 千葉 ☀| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする