2018年02月01日

「スリー・ビルボード」監督:マーティン・マクドナー

娘をレイプ後に焼き殺された母親が、街外れに、3つの
掲示(ビルボード)を掲げた。犯人捜査の進まない警察と
警察署長の責任を問うものだ。結果、街を2分する騒ぎ
が勃発する。

件の母親、警察署長、そして、暴力警官との、3者3様の
表と裏が、人は見た目が9割、先入観は持つべからず、
などなどの、様々な箴言により、見る者を巻き込み渦巻
かせて混乱させ、いよいよ物語が最高潮に高揚した瞬間
に、どすんと終結する。

え、それで終わり? いや、それも一局、あはは (^^)

冒頭に流れる「The Last Rose of Summer(邦題:庭の千
草)」
や、暴力警官のヘッドフォンで流れる「Chiquitita
のメロディが美しすぎ、牧歌的過ぎて、その後の展開
とのギャップ、ありすぎっ!

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 16:46| 千葉 ☁| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください