2018年01月02日

「大人のピタゴラスイッチ 想像力と四角い穴」Eテレ

正月恒例の大人のピタゴラスイッチ。今年は、副題を「
想像力と四角い穴」とした。

日常生活で「きっとこうなっているだろう」と思うこと
が、現実には「こうも違っているのか!」と、あっと驚
くことの連続。いかにヒトが、先入観や第一感、自己チ
ューなパターン化に縛られやすいかを示している。

「ハトにフランスパンを与えないで」の看板が、まさか、
あの結末からのものとは!

「人間が想像する時、途中を飛ばして考えがち。だが、
 現実は連続的に起こるので、想像と現実がズレてしま
 う」


昨今では、都合のいい想像を現実のように見せかけて、
強引に都合のいい現実に作り変える輩まで現れている。
要は詐欺と同じ手法。この手の輩にかかれば、過去の歴
とした事実まで捻じ曲げてしまう。困ったものだ...。

ところで、出た~~~っ! 装置評論家トンカッチ、ふ
っか~~~っ!

「はい、どもども~、装置評論家のトンカッチと申しま
 す~。今日は本職の評論を離れまして、ちょっと、皆
 さんの想像力に挑戦したいと思いま~す」

いや、これ、5秒で想像するの、無理だわ(^^;;;

そうして、ビー玉ビーすけのEPISODE 3「ビーすけと黒
玉王子の大脱出」。う、わ~、なんという凝ったストー
リー、なんという凝ったピタゴラ装置。感動したっ!

今回の百科おじさんの至言。

「現実は、我々の想像力の及ばない、向こう側に行くこ
 とがある。だから面白いし、現実に生きている意味は、
 そこにあるのじゃ」

[過去のピタゴラスイッチ]
 「大人のピタゴラスイッチ ピーマンとハトと数学」Eテレ
 「そこで橋は考えたSP」の降開橋に驚いた!
 「大人のピタゴラスイッチ 見えピタ!」Eテレ
 「ピタゴラ装置大解説SP 後半戦」Eテレ
 「ピタゴラ装置大解説SP 前半戦」Eテレ
 「大人のピタゴラスイッチ 数ピタ」Eテレ

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 20:51| 千葉 ☀| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください