2017年09月02日

「植木等とのぼせもん」NHK総合

冒頭の、植木等とその父との問答に引き込まれる。まず、
植木が、こんな歌を歌わされることになったと、泣き言
を言う。

「ちょいと1杯のつもりで飲んで、いつのまにやらはし
ご酒」

父、ほう、それで...。

「気がつきゃホームのベンチでごろ寝、これじゃ身体に
いいわけないよ、わかっちゃいるけど止められね」

素晴らしいじゃないか。「わかっちゃいるけど、やめら
れない」、これは、親鸞聖人の生き様に通ずるものがあ
る。
 
 
「そりゃ、おおげさってもんじゃないの!?」

いや、親鸞上人は、もがき苦しんで90歳まで生きた。こ
の年月を振り返った時、やっちゃいけないことばかりや
って、まさに「わかっちゃいるけどやめられない」だっ
た、と。

この歌は、大変な歌だぞ!

植木、「こんな歌がヒットするようじゃ、日本はおしま
いだよっ!」

が、大大大ヒット!! あはは(^o^)

このブームにリアルタイムでは僅かに遅れたオレ、それ
以降に接した植木等さんには、なんだかいつも、少し醒
めた印象があった。

それを明確に感じたのが、植木さん主演の映画「本日た
だいま誕生」の脚本を読んだ時なんだけど、この映画は、
短期間上映されただけで、一般にはほとんど公開されず、
オレも見逃してしまう。

うむむ...。このドラマで、その一端がわかるのだろか。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 22:26| 千葉 ☀| Comment(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください