2017年02月06日

[2017日本カーリング選手権 決勝]LS北見v中部電力

LS北見(以下、LS)と中部電力(以下、中電)による決勝戦。

結果はもちろん知っているし、これが迫っていることも
あるので、鍵となった6エンドのみを見る。

それぞれのメンバーは、以下の通り。

[LS北見] 赤
Skp : 藤澤五月
3rd : 本橋麻里
2nd : 吉田知那美
1st : 吉田夕梨花
5th : 鈴木夕湖

[中部電力] 黄
Skp : 松村千秋
3rd : 清水絵美
2nd : 北澤育恵
1st : 石郷岡葉純
5th : 中嶋星奈

中電の1st石郷岡と2nd北澤の、若手コンビの活躍が目覚
ましい。オレは、じつは、リザーブの中嶋選手のファン
でもあるので、彼女の出番があればなぁ、と、密かに期
待もしている。ま、まだ先になりそうだが。
 
 
先攻の中電、石郷岡1投をセンターガード。LS、吉田夕1
投は、コーナーガードが伸びてハウスに届く。石郷岡2
投、これを打って、ガード裏にロール、gs! 吉田夕2投、
No.1黄に付けにいったが、ガードに当たる。北澤1投は
No.1黄を押す、センターに3個の黄石。吉田知1投、ガー
ドを飛ばし、黄3個を崩す、が、自石がガードで残る。
北澤2投、きっちりガード裏へ。吉田知2投もガードを飛
ばしNo.3黄をアウト、だが、自石はまたもガードで残る。
No.1~2黄、No.3赤、ガード1個。

清水1投、No.2黄に縦に付ける。本橋1投、そのNo.3黄に
当てNo.2黄をアウト、自石はNo.4でステイ。清水2投、
ガード。本橋2投、No.1黄をヒット&ロール狙い、が、自
石はアウト、No.1黄はNo.4で残る。No.1、4黄、No.2~3
赤、ガード2個。Skp勝負。

松村1投、ガード裏にNo.1を作った、gs! 藤澤1投、ガ
ードをNo.4赤に飛ばし、No.4赤はNo.1黄をアウト、No.4
赤、さらにNo.5黄に向かい押し出して、No.3になって残
る、gs! と、ここまでは良かった。

20170206_001.jpg

No.1黄、No.2~3赤、ガード2個。松村2投、ガード裏に
No.1を作りたい、が、奥にNo.2となる。藤澤2投、ああ
あ、結果を知っているだけに見たくない、「バックスト
ーンに引っかかってくれれば」と解説市川氏、に対し、
「引っかからないですね、このラインは」と解説敦賀氏、
冷たい、痛恨のスルー。中電、2点スチール! 3対5、2
点差リードへ。

9エンドにも、似た光景が。4対6、2点差、松村1投が終
わった段階で、No.1~2黄、No.3~5赤、ガード2個で、
藤澤1投、スーパーショットで、黄3個をアウトした。と、
ここまでは良かった。

20170206_004.jpg

ところが、続く松村2投が、

20170206_005.jpg

スーパーショット返しで、赤2個をアウトしてしまうぅ。
藤澤最終投、白枠ドローで6対6同点のところを、痛恨の
ショート。藤澤も本橋もスィープしないで、本橋なんか、
盤面をバンバンたたいたって、ストーンは滑らないって。

最終的に、中電が、5対7でLSを破り、優勝っ! 9月の平
昌五輪選考会で、再度、LSと戦い、代表の座を争うこと
となった。

LSは、Skp藤澤への、精神的なケアが必要な気がするな
ぁ...。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 07:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | → カーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック