2017年03月31日

[2002ニュージーランド滞在記]#17 スノボ三昧編

NZ行きのもう1つの目的、いや、最大の目的はスノボ!

スノボをはじめたのは、1999年2月のこと。NZ行きの3年
前、北海道サホロスキー場のスノボ講習で、だった。

9902070226.jpg

思えば、この時の講師がNZ人。「タッテ」「スベッテ」
「ボクノトコロマデ、キテ」の、わずか3つの日本語し
か話さない彼とのマンツーマンの特訓で、スノボにハ
マったのだった。

000213071.jpg
 当時のスキー&スノボ仲間、YOKO & KANA-CHAN

以降3シーズン、スキー場へはスノボをしに通った。

で、NZでのスノボである。クルマ購入が決定してから
NZ南島の4スキー場で使い放題の、シーズンパスの購入
手続きをした。ネット購入して、スキー場で受け取ると
いう方式。500NZドル(約3万円)程度したが、1回券でも
75NZドル(約4500円)はしたので、7~8回行けば元が取れ
る。そう思った。

あらら、このシーズンパスの価格を、正確には記録して
いない体たらく。

ま、その気持ちもわかる。なにせ、スキー場まで、クル
マで1時間しかかからないのだ。足もある、何度でも行
ける。もう、浮かれまくっていた。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 21:09| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

農家となった友の畑を見てきた(2017年3月31日)

約1ヶ月半ぶりに、友の畑に行ってきた。

春は芽生えの季節。ということで、彼の畑も、今、芽生
えの真っ最中だ。

20170331_001.jpg

ジャガイモに、

20170331_015.jpg

これは、なんだっけかな?? ホウレンソウ??
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 13:57| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農家となった友の畑を見てきた | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#16 学校編3:おたおたよろよろ

このブログを読んでいる友人から、「生徒、増えてない
?」とのご指摘が。第16回のNZについては、学校編のさ
らなる続きで、うだうだモード中心 m(_ _)m

そう。当初、選抜6人から開始したオレの小クラスだっ
たが、ある週だけは、10~20人に増えていた。これは、
Focus weekという特別企画で、先生ごとにユニークな授
業を行う。例えば、この記事の後半にあったゴルフとか。

もちろん、オレは、日本語と日本文化の授業ということ
で、初めて、多数の生徒を前に授業を行うことに。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 09:44| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

[2002ニュージーランド滞在記]#15 学校編2:先人は偉大なり

NZについての第15回は、中学での仕事の続き。今日は、
最初に少しうだうだモードを入れる、読むのが面倒な方
は、画像の羅列に飛んでほしい m(_ _)m

校長のW氏と事前に打ち合わせをしたら、オレに教師経
験がないということで、当初は、6人ずつの選抜小クラ
スでのスタートとなった。

すぐにわかることだが、この選抜6人は、各教室での、
成績も性格も良い、要は良いコたちばかり。

何の酔狂か、海の向こうからやってきて、異国な言葉を
教えようという輩に、最初から失礼があってはならぬ、
との、W氏および各先生方の、オレへの配慮だった。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 10:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

[2002ニュージーランド滞在記]#14 学校編1:怒涛の1ヶ月

第14回のNZについては、学校編のその1、最初の怒涛の1
ヶ月間を。

前回の、画像の羅列方式の評判がいいので、これに習っ
て、学校編もこの方式で。その1は、最初の1ヶ月での、
主な出来事を。

020221_069.jpg

学校の全景。最初の数日は授業はなし。企画を練ってく
れと、W校長からの指示だった。

で、いきなりクルマに乗せられ向かった先が、

020225010.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 10:41| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

今日の手賀沼風景:サクラサク!

咲いていた!
アビスタ横の、オレが勝手に標本木としているサクラが。

20170328_001.jpg

20170328_003.jpg

ご覧の通り。

なんとかの館に歩いていくと、

20170328_004.jpg

先日、咲きそうだったツボミが、まさに、今、咲きそう。

20170328_006.jpg

1輪だけ、完全に咲いているの、見っけ!

ここも、今日中には、開花宣言だな。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 13:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の手賀沼風景 | 更新情報をチェックする

「かもめ食堂」監督:荻上直子

この本を読んで、無性に見たくなった。

サチエは、フィンランドの首都ヘルシンキで、「かもめ
食堂」をオープン。店は、まったく流行らないが、日本
かぶれの青年トンミが常連となる。ただ、彼は、初の客
ということで、コーヒーはいつも無料だった。

ある日、サチエが、本屋で、ムーミンの本をよむミドリ
に声をかける。「ガッチャマンの歌、知ってます?」ト
ンミから聞かれ、サチエが答えられなかった質問だった。

存在しているだけで面白いミドリ役片桐はいり、歩くさ
まが傑作なマサコ役もたいまさこ、完璧演技のサチエ役
小林聡美とが、三者三様に混ざり合い、それにフィンラ
ンド役者が溶け合っての、大傑作。フードスタイリスト
飯島奈美さん、ここでもいい仕事をしている。

幕間に、突然入ってくる、井上陽水「白いカーネーショ
ン」。これ、高校時に、ギターを弾きながら歌ったぁ。

かえるの折り紙、これとまったく同じものが、NZの中学
で大ウケだった。現在連載中の、[2002ニュージーランド滞
在記]
で、近く触れる予定。

あ~、NZだけでなく、フィンランドにも行きたくなって
きたぁっ!

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!



posted by 由良理人 at 11:34| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#13 大農場でのひととき

第13回のNZについては、大農場でのひとときを。幕間の
休憩のような感じでの、画像を中心に。

W氏夫妻が旅行に行くことになり、その間、教頭のL夫人
が、オレを預かってくれることに。L夫人のお宅は、と
んでもない規模の農場だった。

020223011.jpg

かつての鋤だろうか、しゃれた郵便受けが、お出迎え。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 10:39| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

[2002ニュージーランド滞在記]#12 NZの人 その6

第12回のNZについては、S氏ファミリーについての続き。

S氏宅の女子高生のA嬢には、2人の兄がいて、長男は、
近くの町でDJを、もう1人は学生で、少し遠くの町に住
んでいる。

ある日、DJの長男K氏の店に踊りに行くことに。A嬢を留
守番にして、S氏夫妻にオレ、そしてE嬢も一緒に、町に
繰り出した。まず、タイ料理店で飯を喰って、

20020907_010.jpg

そうして、ひたすら踊り弾ける。

20020907_019.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 17:44| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

「願力家@我孫子市若松」スパイシーラーメン

この店が、3月一杯で閉店すると聞いて、再訪してきた。
前回よりは辛い激辛にしようと思ったが、年齢を考慮し
て自重する。そんなに若くはない。

スパイシーラーメン800円也(税込)。

もうすぐ閉店するからか、客は、オレ1人。ほどなく出
てきて、スープをすする。やっぱ、激辛にすべきだった
か。

20170327_002.jpg

トッピングのパクチー、やはり少ない。こんもり盛ると、
きっと滅茶苦茶なうまさだぜ。

ご飯がセルフで食べ放題、ってのが追加になっている。
これは、うれしい。麺を平らげてから、かけて、喰らう。

20170327_004.jpg

ふ~っ、こりゃうまい。中毒性があって、いくらでも喰
えてしまう。禁断のうまさというヤツだ。

ちなみに、この時に疑問だったコメについて、聞いて
みると、アキタコマチと長粒種のコメとのミックスだ、
と。やはり。

ああ、なぜに、こんなにもユニークな店がなくなってし
まうのか。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!



posted by 由良理人 at 13:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン、C級グルメ | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#11 NZの人 その5

NZについての第11回は、食べ物編をと思っていたのだが、
食事の画像だけで60を超え、どうまとめようかと考え中、
なので、今回は、3軒めのステイ先の話にする。

3軒めのステイ先に引っ越したのは、まだ春には早い8月
半ば、NZは、日本とは季節が逆なので、8月はまだ冬だ。

S氏宅。

20020819_004.jpg

街から数km離れた一角に、S氏とS夫人、それに、13歳の
女子高生A嬢との3人暮らしだった。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 09:50| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

うわっ、「ROOTS」2016年版、やってる!

ケーブルTVのザッピングをしていたら、妙に力のある眼
をした役者が、なにやら、クンタ・キンテがどうしたと
言っている。

クンタ・キンテ??

「ROOTS」じゃんっ!

かつて、全米で大ヒットしたこのドラマを、テレ朝が放
映した時は大騒ぎだった。いま見ているのは、どうやら、
2016年にリメイクしたものらしい。

当然ながら、役者はまったく違っているけれど、あの、
主役の眼だけは同じだ。

全4話のうちの、今日は第2話。奴隷として売られたクン
タ(奴隷名トビー)が御者となり、ベルにプロポーズする
場面。
---
クンタが歌いながら、ベルのは部屋に近づく。フィドラ
ーがバイオリンを弾いて盛り上げる。

クンタ「(ベルに向かって)マンディンカの戦士は......」
ベル、扉をバタンと閉め、部屋に戻る。
フィドラー「もっと気の利いたことを言えよ」
クンタ「(ノックして、出てきたベルに)俺は、このアメ
    リカで、1人でいようと思った。最初に見たの
    は君だけど、今まで君は見えてなかった。でも、
    いま、君がちゃんと見える。かしこくて美しく
    て。俺は君と......、君がよければ...」
ベル「いいわよ、クンタ・キンテ、私、あなたと結婚す
   る」
---
第1話を見逃したのはイタいが、この後の第3話第4話は、
さっそく録画予約した。

ご興味ある向きは、ヒストリーチャンネルに急げっ!

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 07:40| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

[2002ニュージーランド滞在記]#10 NZの道路

NZについての第10回は、道路編。

NZの道路には、日本でいう高速道路や、アメリカでいう
Free Wayのような、高速で走ることができる道路はない。
が、幹線道路はもちろん、一般道路も、街中を除いては
ガラ空きなので、

20020404_010.jpg

皆、80kmくらいで走行する。オレがかつてよく旅行した、
1980年代の北海道と同じ感じ。ま、中には、C氏のよう
に、直線だと140kmで突っ走る輩もいるけれど...(>_<)
ほとんどの方は真面目運転だ。
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 21:30| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2017世界女子カーリング 決勝]ロシア v カナダ

今年の世界女子カーリング選手権は、全部をネット観戦
できた試合はなく、今日、ようやく見られることに。

決勝は、ロシアとカナダの対戦に。予選、1位2位戦に続
き。3度めの対戦だ。過去2度は、いずれもカナダの勝ち。
2度あることは3度あるのか、3度めの正直なのか。

それぞれのメンバー表は、以下の通り。ロシアは、1st
が、当初リザーブだったKovalevaに代わっている。

[ロシア] Russia (RUS) 赤
Fourth: Anna Sidorova (Skip)
Third: Margarita Fomina (Vice)
Second: Alexandra Raeva
Lead: Alina Kovaleva
Alternate: Nkeiruka Ezekh

Coach: Svetlana Kalalb

[カナダ] Canada (CAN)  黄
Fourth: Rachel Homan (Skip)
Third: Emma Miskew (Vice)
Second: Joanne Courtney
Lead: Lisa Weagle
Alternate: Cheryl Kreviazuk

Coach: Adam Kingsbury

さぁ、試合開始だっ!

続きを読む
posted by 由良理人 at 17:46| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | → カーリング | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#09 NZのクルマ

NZについての第9回は、NZのクルマ編。難関を越えたの
で、今回は気楽だぁっ(^^)

NZに着いて、街に走るクルマを見て、まず驚いた。やた
らと、日本車ばっか走っている。95%くらいが日本車だ。

(注)この数値は、少しホラだったことが、当時、友人に
  宛てたメール文を掘り出したことで発覚。それには、
  オレ自身が、こう記していた。

  「ある日曜日の朝の散歩中に数えてみたら、全部で
   61台出会ったクルマの中に、日本車がなんと47台!
   も走ってました。

      77%が日本車

   です。2~3回数えてみましたが、おおむねこのパ
   ーセンテージだったので、NZ全体でも、そんなに
   大きくは違わないでしょう」

  と。なので、上記は8割ほどと訂正すべきだが、こ
  の(注)を代わりとすることで...... m(_ _)m

後は、韓国車とヨーロッパ車が数%ずつで、アメ車はほ
とんど見ない。で、古いクルマが、やたらと多い。なん
と、ほぼ初代のシビックや、

20020623_003.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 11:38| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#08 NZの日本人 その3

NZについての第8回は、日本人についての続き。

NZに住みはじめて2ヶ月ちょっとが過ぎた頃、最初のホ
ストマザーW夫人から、相談を受けた。いわく「同僚の
家にステイしはじめた日本人が、PCのことで困っている
ので、助けてやって」と。さっそく、その方の家に行く
と、大学を卒業したばかりという女の子がいた。E嬢だ。
ワーキングホリデーでの、1年間の滞在予定だ、と。

20020511_001.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 09:37| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

「私のマトカ」片桐はいり

NHKラジオ第1「すっぴん 源ちゃんの現代国語」で取り
上げられていた本。高橋源一郎さんが朗読した、路面電
車でのやり取りが気になって、読んでみた。

そのシーンは、だいたいこうである。

「英語があまり通じない、極めて無愛想な表情のトラム
 の運転手に、Natural Musiumに行くか? と聞いた。
 しまった、国立博物館だ、せめて、National Musium
 と言うべきだったか。
 はたして、国立博物館が見えてきて、トラムを降りた。
 降りながら運転手さんに頭を下げると、彼は、うんう
 んと、うなづいた。彼は彼で、私が無事に降りられる
 かどうかを、気にしていたのだった。あまつさえ、本
 来は、降車ボタンを押して停車するところを、自分1
 人しか降りないのに、停まってくれてもいた」

旅先での心細い中にこゆ対応を受けると、著者ならずと
も、うるうるしちゃうよね。

著者は女優で、オレの中では、なんといっても「あまち
ゃん」でのあんべちゃん役。まめぶを広めるために上京
し、アキを、影となり日向となり応援した。

いやはや、その女優さんが、ここまで傑作な旅をしてい
たとは。本書は、映画「かもめ食堂」のロケで、著者が
フィンランドに滞在した時のエピソードを載せている。
これが、全編、抱腹絶倒の面白さ。彼女の、意外な面を
見た。

彼女が1人でいる時のエピソードが、複数でのそれより
も、圧倒的に面白い。エピソードを、なにやら、彼女が
吸い寄せているがごとくに。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!



posted by 由良理人 at 06:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・書籍・音楽・映画、TV番組など | 更新情報をチェックする

[2002ニュージーランド滞在記]#07 NZの人 その4

NZについての第7回は、2軒めのステイ先のことを。

寒い寒い季節に、街から30km離れた村へと引っ越した。

ホストマザーは、T女史。シングルアゲインで、15歳の
女子高生K嬢との2人暮らしだ。いや、大きなモノを忘
れていた。彼らは、乗馬用の馬2頭と、一緒に暮らして
いたのだ。

20020504_001.jpg

家に着くなり、「危険だから、馬房には絶対に近づかな
いで」と、注意を受ける。馬は、とても神経質な生き物
で、知らないモノが近づくと、興奮して危険なのだ、と。
なので、馬や馬房の画像はない。オレも、かつて2ヶ月
ほど、北海道の牧場で暮らしたことがあるので、馬の難
しさは、ある程度はわかる。その通りにした。

20020504_002.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 05:42| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

[2002ニュージーランド滞在記]#06 NZの日本人 その2

連載再開。

NZについての第6回は、NZで会った日本人編の続きを。

なお、当連載は、概ね15回程度で終了予定。また、今後
は、数日に1編程度の割で更新していきたい。

---

ある日、街で、日本人男性に声をかけられた。声の主は、
N氏。N氏は、街の外れで、奥さまと息子さんと3人で暮
らす、イラストレーターだ。

もっとも、イラストだけではなく、日本市場を相手にし
た、地元産品のネット販売の社長さんでもある。自分で
会社を興しているのは、NZの永住権を得るのが目的だ、
と。数年前にNZを旅行して、すっかりNZに魅せられたN
氏、なんとかして、この国に住み続けたい、と。

20020908_008.jpg
 
続きを読む
posted by 由良理人 at 19:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | [2002ニュージーランド滞在記] | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

東京電力からLPIOでんきへの切替手続きをした

題名通り。

どうにも、東京電力のままでいるのは胸くそが悪い、そ
ろそろ代え時だろうと思っていたら、妹が、LPIOでんき
に切り替えたとのこと。

さっそく、妹の営業担当氏に、我が家に来てもらって、
切り替えの手続きをした。

とはいえ、即座に代わる訳ではなく、LPIOでんきから東
京電力に切替申請をして、電力計をスマートメーターと
いう、デジタル式のものに交換して以降に代わる。代わ
る目安は、だいたい3週間後ということで、まぁ、4月中
には代わるだろう。ちなみに、この交換手数料は無料だ
し、立会いも不要。

肝心の電気代は、いまの我が家の電気使用量からみて、
1割くらい安くなる見込み。また、違約金や、契約期間
の制約はないので、気に入らなければ、即、他への再切
り替えも可能、と。

営業担当氏、最後に、こう言い切った。

「引っ越し等、やむを得ない事情での解約を除き、いま
 のところ、中途の解約はありません。どうぞ、末永く
 よろしくお願いします」

期待しよう。

「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

posted by 由良理人 at 16:30| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする